雁皮紙

先日、大荒れの天気の日、雹でちぎれた街路樹の
葉の匂いの立ちこめる、森の様で不思議な池袋に
立ち寄りました。

目的は極薄の和紙を求めるため。和紙屋さん
「紙のたかむら」でいろいろ選んでみました。
でも目当てのものが見当たらない。どうしても手
に入れたかったのは紙の王と呼ばれる「雁皮紙」
です。お店の表には出してありませんでした。そ
れもそのはず、一枚3700円。緻密で滑らか、う
っすらと赤味を帯びたアイボリー、透明感と光沢
があってとても美しい紙です。

眺めていてばかりでは先に進めないのでここに
ハサミを入れます。

緊張するぅーー

170720-02.gif

一番上がオーガンジーのように薄い楮紙、
2番目が機会漉きの鳴門模様、三番目が雁皮。

美しい素材に負けていられないのです。


.21 2017
素材 comment(0) trackback(0)

素材の探求

手芸には欠かせない糸や布。化学物質で合成され
たものもありますが、古くから様々な天然の動植
物の繊維から作られていることをご存知でしょう。

170720-01.gif

私は羊毛で作品を作ることが多く、他の素材を組
み合わせるときにどんなものが相性がいいのかと
いつも模索しています。はじめに試したのはコッ
トンやウールそして麻でできた布と糸でした。さ
らには革、木、竹、草などです。リネンの繊維や
シュロを使うこともあります。

170720-03.gif

身の回りに生えている草の形や特性に目を向ける
と、使ってみたくもなり、数年前から採取して加
工することも始めました。草は一年の間で姿を変
えていくので、採取のタイミング、出会った時を
逃さないようにしないとなりません。加工や保存
も作品作りの第一歩となります。どうしたら使っ
たら魅力的なのかということと、強度や耐久性を
増すことも考えねばなりません。そのヒントは昔
から伝わっている農作物の保存方法や、漉き込み
の和紙など、工芸品の中にありました。

170720-04.gif

先日、友人宅におじゃましましたらお庭に背丈よ
りも大きく成長したフェンネルがあり、いただい
てまいりました。自然の美しい形を活かしどんな
ふうに使おうかと、素材の探求と興味はどこまで
も続きます。
.20 2017
素材 comment(0) trackback(0)

アメリカフヨウ

特大30センチ程の真紅の花、蕾は燕脂のネジネジ。
ハイビスカスにも似て、背丈は170㎝は軽く越えて、
これならきっと空飛ぶ鳥からもよく見えるでしょう。
香りはほとんど無く、むしろ葉の方が香るくらい。

近くの園芸農家の畑、道路沿いに咲く

アメリカフヨウ

強烈な印象のせいで、よほどその名を尋ねられるの
か、名札をつけていました。

大きすぎて頼りない花びらは風でよれて黒ずんでし
まう。鉢植えにするには大きく、切り花にするには
さらに大きすぎる。仏壇の中には収まらない。栽培
はしてみたもののこれは売り物にはならないと、種
をまいた人は嘆いたのだそうです。



170719-04.gif

170719-02.gif

170719-01.gif

光あふれる空に向かって伸びるエネルギーあふれ
る夏の花に、足を止められました。

.19 2017
植物 comment(0) trackback(0)

暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い申し上げます。

暑いのにもう冬支度。
先日、ウクライナ民話「てぶくろ」を作るワーク
ショップの第一回目が終わりました。

夏毛の茶色いウザギと冬毛の白いウサギからひと
つをお選びいただいて作りました。次回はノネズ
ミを予定しています。

冷房の効いたお部屋で冬を思いながらチクチク…
涼しくなります。

170714-01.gif
.15 2017
ワークショップ comment(0) trackback(0)

久しぶりにちくちくの投稿です。

植物は蜜や花粉を与えてもいますが、大切なもの
を守るため防御態勢も取っています。

まだ固くつぼんだひまわりの蕾
誰も近づけないくらいに、トゲトゲチクチク。
鉄壁の守りです。


.14 2017
ちくちく comment(0) trackback(0)

7月のワークショップ

7月のワークショップのお知らせ
梅雨も明けないうちからの冬じたく。
ウクライナ民話『てぶくろ』の第一回
ウサギを作ります。
日時:2017年7月11日(火)13:00~17:00

170701-01.gif


『バンビ』の二回目
全体の造形はほぼ出来上がりましたので、
ディテールにとりかかります。
日時:2017年7月24日(月)13:00~17:00

170610-04.gif

どちらの講座も
定員:8名
参加費:3,000円(材料費込 お茶とお菓子付き)
場所:Oriental Heart オリエンタルハート
東京都練馬区石神井町3-16-17
石神井公園駅[南口]から徒歩約4分(木曜日定休日)
お申し込みはTEL03-3996-7419
またはoriental_heart@jcom.home.ne.jp
までお電話かメールにてご予約をお願いいたします。
.02 2017
ワークショップ comment(0) trackback(0)

アカリス

ワークショップの時には仕上がったサンプルを用
意しています。パーツの見本を準備することもあ
ります。そして手元の作業や羊毛の量と仕上がり
のバランスをお見せしたりするために、参加者の
皆さんと同時進行で作ってもいきます。

その作業の手元をお見せするための作品は、その
ときには仕上がりません、そのまま作りかけのま
まになってしまうこともあります。ワークショッ
プの度に作りかけの物ができてしまうのです。

時間の余裕があれば、家でじっくり仕上げます。
でも最近そんな時間が無かったので、かわいそう
な仕上げを待っているコがたくさん増えてしまい
ました。

たまには仕上げてあげたくなります。



先日のワークショップのアカリスさん。
仕上がりました。
.14 2017
フェルト作品 comment(0) trackback(0)

葉生姜の甘酢漬け

新鮮な生姜がどーんと一箱送られてきました。
ご近所、親戚演者にお配りしてもまだまだ食べき
れないほど。

甘酢につけてみました。一晩置いたら生姜は美し
い桜色に色づきました。自然の色素が甘酢に染み
出て甘酢もうっすら桜色です。

このお酢も何かに使えるかしら?


.11 2017
保存食 comment(0) trackback(0)

バンビ

ワークショップのために、何年ぶりかに子鹿を作
りました。今がちょうど子鹿が生まれてくる季節
です。

バンビちゃん、奈良公園や動物園に行ったら会え
るかしら?



170610-02.gif

170610-03.gif

特徴の細い脚、背中の斑点など作るの難しい点も
ありますが、出来上がったときの満足感はたっぷ
りだと思います。二回で一作品が出来上がる講座
です。

日時:2017年6月19日(月)13:00~17:00
定員:8名
参加費:3,000円(材料費込 お茶とお菓子付き)
場所:Oriental Heart オリエンタルハート
東京都練馬区石神井町3-16-17
石神井公園駅[南口]から徒歩約4分(木曜日定休日)
お申し込みはTEL03-3996-7419
またはoriental_heart@jcom.home.ne.jpまで
お電話かメールにてご予約をお願いいたします。
.11 2017
フェルト作品 comment(0) trackback(0)

6月のワークショップ

●リス
日時:2017年6月6日(火)13:00~17:00
●バンビ(二回で完成する講座です)
日時:2017年6月19日(月)13:00~17:00

定員:8名
参加費:3,000円(材料費込 お茶とお菓子付き)
場所:Oriental Heart オリエンタルハート
東京都練馬区石神井町3-16-17
石神井公園駅[南口]から徒歩約4分(木曜日定休日)

お申し込みはTEL03-3996-7419
またはoriental_heart@jcom.home.ne.jpまで
お電話かメールにてご予約をお願いいたします。

170601-02.gif

170610-04.gif

なお準備の都合上、当日キャンセルの場合は料金
が発生いたしますので、ご了承ください。
.01 2017
ワークショップ comment(0) trackback(0)

プロフィール

kemonoya

Author:kemonoya
kemonoyaのケモノたちは
世界にたったひとつ1分の1
心を込め、時間をかけて
手作りしています

☆ホームページへはこちらからどうぞ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

music

books