今年の桜

展示を控えていて、余裕の無い日々を送っていま
す。それでも桜は待っていてくれました。

いつもお世話になっている家鴨窯さんから、陶器
が焼き上がったとお知らせをいただき、待ち合わ
せ場所のギャラリーへ。

その帰り道見事な桜を見ることができました。


.09 2017
植物 comment(0) trackback(0)

タネツケバナ

タネツケバナ、葉は鳥の羽根のように切れ目が
入った小さな羽状裂、冬の間はかわいいロゼッ
タで過ごします。

漢字では「種漬花」という表記、この花が咲く
と種籾を水につけ、田植えの準備を始める目安
にしていたというのが名前の由来だそうです。

花言葉は「勝利」「情熱」「不屈の精神」なか
なかいいイメージの言葉ですね。

そして「父の失策」なぜに?

170314-01.gif

Garden
4/14〜16 国立room103
4/20〜30 鎌倉patrone

#garden_meadowflowers
#Garden
.14 2017
植物 comment(0) trackback(0)

花言葉は「復讐」

クローバー、シロツメクサは漢字で書くと白詰
草。かつては梱包資材となって、世界を旅した
のですね。

シロツメクサの花言葉は

「幸福」
「約束」
「私を思って」
「私のものになって」

なんだかどんどん強引に。そして

「復讐」

えええっ復讐!こわい…
可憐な姿に似合いませんね。諸説あるようです
が、気になる方はどうぞ調べてみてください。

170309-03.gif

Garden 4/14〜16 国立room103
4/20〜30 鎌倉patrone

#garden_meadowflowers
#Garden
.13 2017
植物 comment(0) trackback(0)

羊飼いの財布

花言葉と草花への興味はまだ続いています。

ナズナの花言葉は「すべてを捧げます」実の形から
英語では”Shepherd’s purse”(羊飼いの財布)と
いうそうです。羊飼いはお財布まで捧げてしまうの
ね。実の中にはちいさな黄金色の種がぎっしり。

170309-01.gif

ナズナは、冬の間に葉をめいっぱい広げ、少ない
光をあつめて春の準備していました。一足先にナ
ズナの春が始まっています。

私も冬の間にスケッチためました。
ここから四月の庭へと続きます。

Garden 4/14〜16国立room103
4/18〜23鎌倉patrone

#Garden
#garden_meadowflowers
.11 2017
植物 comment(0) trackback(0)

ロゼッタ

スケッチをしに、外へ出かけました。

春の植物はしっかりと根を張り、小さなかわいい
葉を広げていました。

春に燃え上がるように伸びる準備は、もうこの時
期にすでに万端なのですね。

161214-01.gif

このスケッチも春の準備です。
春には形になります。

.14 2016
植物 comment(0) trackback(0)

バラの痕跡

タマアジサイの葉の上にバラのような跡がつい
ていました。一体どんなことが起きてこの模様
ができたのでしょう?

160804-01.gif

カタツムリが昼寝をしていた

絵心のある妖精のいたずら

バラが好きな虫が食べた跡

想像力をかき立てられます。
お散歩の楽しみです。




.04 2016
植物 comment(0) trackback(0)

美しい野菜たち

珍しい洋野菜が手に入れやすい値段で売っている
と評判の八百屋さんへ友人に連れて行ってもらい
ました。

本当はルバーブが欲しかったのですが売り切れで
した。それでアーティーチョークとフェンネル。

形も美しい。
しばらく眺めてから料理しました。



.24 2016
植物 comment(0) trackback(0)

ヤマザクラ

雨のなか満開のヤマザクラ
私の人差し指には火傷の水ぶくれ
アオリイカの目玉みたい
ボイルしたくるくるのイカの足は
足元のゼンマイとよく似てる
そろりと歩く
滑らないようにスミレを踏まないように
誰もいないし誰もこないお花見


.08 2016
植物 comment(0) trackback(0)

さくら

一週間前には公園のガイドウォークに参加して、
ソメイヨシノとヤマザクラを観ました。草のベッ
ドに寝転び、こっそり野草の味を確かめ、モクレ
ンの花芽を包んでいた毛皮を拾いました。小川の
向こうに見える木々の銀や薄桃色、エンジに色づ
く芽吹きの淡い色を楽しみました。

今週は誘われて久しぶりにお花見に参加しました。
料理を持ち寄りお酒と会話を楽しみました。料理
の上にちらほらと花びらが散って風情があります。



残念なのはゴミのこと。美しい花を観るなら帰り
際も美しくありたい。そう感じました。
.03 2016
植物 comment(0) trackback(0)

夏と秋の重なるところ

散歩をしているとトンボの翅と小さな毬栗がか
らみ合って落ちていました。夏に命を全うした
ものと気の早い秋とが重なって転がっていまし
た。



まだ青いどんぐりのついた小枝が落ちていました。
それはどうやらハイイロチョッキリが切り落とし
たものらしい。卵を産み付けた後に、枝を切り落
とすのだそう。

150826-02.gif

もう秋の準備は急ピッチで始まっているようです。
さてさて私もがんばらなくては。
.26 2015
植物 comment(0) trackback(0)

プロフィール

kemonoya

Author:kemonoya
kemonoyaのケモノたちは
世界にたったひとつ1分の1
心を込め、時間をかけて
手作りしています

☆ホームページへはこちらからどうぞ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

music

books