サクランボ

店間際の青果店で安くしておくよと声をかけられ
購入した真っ赤に熟れたサクランボ。
サクランボで思い出したもの二つ。

白い高杯の器。
あれに盛ったらきっと似合うなと
もう15年くらい前に作った器を思い出した。

長谷川潔のメゾチント。
コロタイプの複製をたしか持っていたはず。
画面のどこにもサクランボはないのだけど。

サクランボのメゾチントといえば浜口陽三のは
ず。長谷川潔はヤマブドウ。でも長谷川潔を見
たくなるのは記憶の連想のなかで浜口陽三を端
折って、都合良くショートカットしているらし
い。

記憶とはなんとも曖昧なもの。



サクランボは色も味もくっきりと鮮やかだった。
.30 2015
未分類 comment(0) trackback(0)

プロフィール

kemonoya

Author:kemonoya
kemonoyaのケモノたちは
世界にたったひとつ1分の1
心を込め、時間をかけて
手作りしています

☆ホームページへはこちらからどうぞ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

music

books