ミミズクの壁掛け

陶のミミズクのレリーフを皮を剥いた木に組み合
わせた作品を作りました。以前に少し釉薬が上手
くかからない部分ができてしまった陶のレリーフ
を見事に活かしてくれた蜂須賀さんに、今度はき
れいに焼けたミミズクを託しました。

蜜蝋で仕上げた木の表面はとても複雑な色をして
います。黒い部分はきのこの抗生物質で、腐って
いるわけではなく、腐らせる前にきのこが他の菌
が入らないように抗菌しているのだそうです。で
すからむしろ硬く締まってる感じです。青いロク
ショウグサレキンというのもあって、ドイツやイ
ギリスではそれで工芸品を作るのだそうです。

さすがきのこ博士、ここまできのこを使いこなす
とは!

この他にブルー系のミミズクもあります。



151030-02.gif

ここにももうひとつのコラボがうまれました。

coudre coudre × noriko kitahara
「Weilersbach・おもいでの森」
にて展示販売いたします。

2015年10月31日〜11月2日
12:00〜17:30
room103  東京都国立市北2-13-48-103
http://room103.letemin.jp/

.30 2015
展示案内 comment(0) trackback(0)

プロフィール

kemonoya

Author:kemonoya
kemonoyaのケモノたちは
世界にたったひとつ1分の1
心を込め、時間をかけて
手作りしています

☆ホームページへはこちらからどうぞ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

music

books