黄金の魚と鉄の魚

1879年にスイスのベルン郊外で生まれたパウル・
クレー。1925年の作品「黄金の魚」を一度は目
にしたことがある方は多いのではないでしょうか。
暗い海の中にくっきりと姿を浮かべる金色の魚に
まわりにいる魚は近寄ってきません。光り輝き美
しいのに孤独に見える、そんな絵です。

fish-01

お店の看板になっている鉄の魚がいました。1.5
メートルくらいはあるでしょうか?錆が浮いてい
てなかなか迫力があります。鱗も一枚一枚作って
あります。巨大なたい焼きの様なこの魚に引きつ
けられ、お腹の下を通り抜けるとそこは居酒屋で
す。怖い顔しているのに人が寄ってきます。

.27 2012
いきもの comment(0) trackback(0)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kemonoya99.blog.fc2.com/tb.php/232-46109b9e

プロフィール

kemonoya

Author:kemonoya
kemonoyaのケモノたちは
世界にたったひとつ1分の1
心を込め、時間をかけて
手作りしています

☆ホームページへはこちらからどうぞ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

music

books