白詰草と菊

お正月から和物ブーム、私だけのことではない
でしょう。日頃洋服を着てワインやコーヒーを
飲んでいても、お正月はお雑煮やおせちを食べ
て着物を着たりするとしっくりくるものですね。



親しい年上の方からいただいた刺繍の半襟。一
針一針丁寧に刺した心のこもった贈り物です。
「花嫁衣装の打ち掛けもつくったりしたのよ」と
話すその方の右手の人差し指は曲がっていまし
た。この半襟を観るたびに、手仕事に対する姿
勢を正されます。

糸の艶も刺し方も日本刺繍ならではの魅力です。
クローバーでなく白詰草と呼びたくなります。
日本の手仕事にあらためて感心しているお正月
です。
.08 2013
ちくちく comment(0) trackback(0)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kemonoya99.blog.fc2.com/tb.php/282-e542eb95

プロフィール

kemonoya

Author:kemonoya
kemonoyaのケモノたちは
世界にたったひとつ1分の1
心を込め、時間をかけて
手作りしています

☆ホームページへはこちらからどうぞ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

music

books