美しい野菜たち

珍しい洋野菜が手に入れやすい値段で売っている
と評判の八百屋さんへ友人に連れて行ってもらい
ました。

本当はルバーブが欲しかったのですが売り切れで
した。それでアーティーチョークとフェンネル。

形も美しい。
しばらく眺めてから料理しました。



.24 2016
植物 comment(0) trackback(0)

ヤマザクラ

雨のなか満開のヤマザクラ
私の人差し指には火傷の水ぶくれ
アオリイカの目玉みたい
ボイルしたくるくるのイカの足は
足元のゼンマイとよく似てる
そろりと歩く
滑らないようにスミレを踏まないように
誰もいないし誰もこないお花見


.08 2016
植物 comment(0) trackback(0)

さくら

一週間前には公園のガイドウォークに参加して、
ソメイヨシノとヤマザクラを観ました。草のベッ
ドに寝転び、こっそり野草の味を確かめ、モクレ
ンの花芽を包んでいた毛皮を拾いました。小川の
向こうに見える木々の銀や薄桃色、エンジに色づ
く芽吹きの淡い色を楽しみました。

今週は誘われて久しぶりにお花見に参加しました。
料理を持ち寄りお酒と会話を楽しみました。料理
の上にちらほらと花びらが散って風情があります。



残念なのはゴミのこと。美しい花を観るなら帰り
際も美しくありたい。そう感じました。
.03 2016
植物 comment(0) trackback(0)

夏と秋の重なるところ

散歩をしているとトンボの翅と小さな毬栗がか
らみ合って落ちていました。夏に命を全うした
ものと気の早い秋とが重なって転がっていまし
た。



まだ青いどんぐりのついた小枝が落ちていました。
それはどうやらハイイロチョッキリが切り落とし
たものらしい。卵を産み付けた後に、枝を切り落
とすのだそう。

150826-02.gif

もう秋の準備は急ピッチで始まっているようです。
さてさて私もがんばらなくては。
.26 2015
植物 comment(0) trackback(0)

ルッコラ

ルッコラ、フェンネル、山椒にヤブミョウガ、ナ
ズナとムラサキハナナ、ハーブと野の草花が混ざ
り合って魅力的な庭で、ミツバチのハミングを聞
きながら小さなお友達といっしょに図鑑を持って
ヘビイチゴとキュウリグサ、ナズナを捜しました。
いただいて帰った山椒は山椒味噌に。ああ幸せ。

150503-01.gif

.03 2015
植物 comment(0) trackback(0)

桜鼠の着物

5月の新しい試みの打ち合わせの帰り道、バスを
終点のひとつ手前の停留所で降りました。

そういえば今年はまだ桜を見ていなかった。

川縁に桜並木があるあそこで降りようと思い立ち
ました。雨の匂いがする湿った空気、曇り空の下
人影もまばらで、桜のある景色を独り占めできま
した。

灰色の空と桜の色は、加賀友禅のような景色。
先日亡くなられた桜鼠色の着物がとてもよく似合
う方のことを思い出しました。

150402-01.gif



その方と出あったのは、某作家さんの出版記念の
パーティーでした。錚々たる招待客の方々と一緒
に私もご招待いただきました。「おしゃれしてき
てね」といわれましたので、気合いを入れて晴れ
着で馳せ参じました。

ところが・・・

スタッフが足りないので手伝ってもらえませんか
とお願いされ 「着物きてるしちょうどいいから受
付ね」といわれ、お祝いを受け取ったりコサージ
ュを胸につけたりする役目を命ぜられました。

各界の著名人の方々が次から次と現れ、なかには
コサージュの針を通すのも躊躇われるようなお召
し物の方も多く戸惑いました。ある映画監督の方
は「ブスッとやっちゃって、ぜーんぜんかまわな
いよ」との大胆なお言葉。ですがそんなわけにも
いかず困っておりました。そんな時に現れたのが
桜鼠色お着物の上品な物腰の噺家の方。「そうい
う時はね帯にこうして挟むんですよ、がんばって
ね」と声をかけてくださったのです。

そういえばあの時もちょうど桜の季節でした。
粋な方でした。
.02 2015
植物 comment(0) trackback(0)

ミモザ

ミモザをたくさんいただきました。

ミモザはオーストラリア原産の常緑樹、毎年どん
どん枝が伸びてあっという間に大きくなってしま
うそうで、庭木は遠慮なくバサッと切らないとた
いへんなことになるそうです。

花瓶に活けたとたん部屋に春の光がこぼれるよう
にあふれだしました。

春が来ましたね。


.25 2015
植物 comment(0) trackback(0)

早起き

だんだん日が昇るのが早くなってきました。
今日東京の日の出は5時37分。
朝焼けが東南の窓に差し込んできました。
絵のモチーフや撮影の小道具として使っている
私の大切な枯れ草コレクション。朝焼けが映え
て桃色に染まりました。

こんな一瞬が見られるのも早起きいいところ。



カラスムギ、小麦、荻、葉蘭、山芋の花殻。
今年もお気に入りを増やします。
.25 2015
植物 comment(0) trackback(0)

とちの実

とちの実です。

でんぷんたっぷり、山ではだれのご飯になるので
しょうか?

などと山のケモノに思いを馳せながら、街の私は
今日もケモノを作ります。さてさてとちの実は何
に変身を遂げるでしょう?
答えは9月19日から始まるグループ展にて。

「かぶりもの展」

オシャレな帽子から楽しい作品まで、かぶるもの
ならなんでもあり!
是非皆様かぶりにいらしてくださいね!

日程:9月19日(金)〜28日(日)
時間:12時〜19時
(21日午後15時〜16時にライブ有ります)
場所:ギャラリーボビン
   渋谷区千駄ヶ谷4-17-2
問合:bobbin151@gmail.com
   *会期中無休です。


.28 2014
植物 comment(0) trackback(0)

ヤブガラシ

ヤブガラシはブドウ科のつる植物。藪を覆いつく
して枯らすほどの繁殖力からそう呼ばれています。
蔓は細かいトゲトゲで痛いし、一度生えてしまう
と退治するのが困難なため園芸家や農家の皆さん
にはとても嫌われている厄介者です。

でもよくみるととってもかわいい花。キャンディ
ーのように甘そうです。実際、蜜がたっぷりなの
で昆虫たちがたくさん集まってきます。

ミツバチ、アブの仲間、アリ、カナブン、チョウ。
虫たちにはとても人気のあるレストランです。

140722-03.gif

若い芽は食べられるみたいですね。薬効もあって
生薬になるそうです。花びらはすぐに散ってここ
に残っているのは花盤です。

140722-01.gif

めずらしい虫がいました。
クロバネツリアブ、南のほうによくいるアブ。

140722-02.gif

セイヨウミツバチもニホンミツバチも忙しそうに
蜜を集めていました。今度、ハチたちと一緒に蜜
をなめてみようかな?

.22 2014
植物 comment(0) trackback(0)

プロフィール

kemonoya

Author:kemonoya
kemonoyaのケモノたちは
世界にたったひとつ1分の1
心を込め、時間をかけて
手作りしています

☆ホームページへはこちらからどうぞ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

music

books